ダンナが猟師になりまして

猟師になりたいダンナを応援する嫁のブログ

猟師になるきっかけ〜その2〜

猟師になりたい!!

猟師だけで食っていきたい!!


と言われた時にはもう私の中で


ダンナくんは猟師になるんだろーな


という気持ちがあった為、特に反対もせず


好きにしなっせー


と答えていた。


ダンナくんのスゴイ所は


自分がこうしたい!!


という事や、


これを買って欲しい!!


っていう、


嫁の協力がないとできない事に関して


毎日、少しずつ


どうしてそれをやりたいのか


やる事でどうなっていこうと思うのか


のプレゼンをやる。


しつこくならない程度に。


嫁からの質問は全て答えられるほど


ちゃんと調べて、


やりたい事、欲しいもの


が明確になっている。


そして、全て前向きに考えて、聞いているこっちまでワクワクするような話し方をする。


だから、いつのまにか


いいよ


って答えてしまう。


もし、嫁に突っ込まれて、


答えられなかったり、考えが甘い場合は、


違う案を持ってきたり、徹底的に調べて、


嫁が納得するまでちゃんと話してくれる。


仕事みたい(笑)



今回、猟師になりたいって言った時も


本当に生活していけるのか不安だったけど、


色々話を聞いて、


面白そうだなー


やってみないとわからないな!!


と思い、応援する事に決めた。


ダンナくんのことだから大成功するな


と、根拠のない自信もあったし。



ということで、猟師になるきっかけは


熊本地震を経験して


ダンナくんのサバイバル精神?に火がついたから。