ダンナが猟師になりまして

猟師になりたいダンナを応援する嫁のブログ

無理ってきめつけるな

猟師になるって決めてから


嫁の親に理解してもらうまでに結構時間かかりました。


不安定だから…っていうか、


猟師?!

はっ?!


って普通なるよね(笑)


ダンナのかぁちゃんはやりたい事あるなら

早い方がいいよって言ってくれた。


さすが、ダンナのかぁちゃん。



親だけじゃなく、周りの人に説明しても

はぁ?なにいってんの?

みたいな空気になるんよね。


いやー無理だろ!


とか


それで生活できると?


とか


猟師じゃ食えんど!


とか。


猟師じゃ食っていけないっていうのが世の中の常識?みたいなところがあるのか、


もうね、みんな顔が

半笑いか、ひきつってるか(-∀-`;)



だれも、いいね!頑張って!

って言う人がいない(笑)

ま、別に言って欲しいわけじゃないけど。



やった事ない、調べた事もないのに


なんでも最初から無理ってきめつけるなよ。



そんな感情が湧き上がってきて、

同時に自分の心にも突き刺さった。



今までやりたいことがあったとしても

できない理由ばっかりを並べて

ほらね、無理でしょ。できないって!

と思ってきた。



でも、ちょっと

チャレンジしてみてもいいかもしれない。



やる気と情熱

とりあえず会社を辞めて


免許を取るために


インターネットで講習日や試験日を調べて


自分で申し込みしてた。



会社に行ってる時よりも


目がキラキラして


ウキウキわくわくしてて


嫁もなんだか嬉しくなった(´◡`๑)


結論から言うけど


わな猟免許

第一種銃猟免許


とれました!


9月の頭には猟銃所持の許可もおりた。


いやー早かった。


その間に、ある機関でやってる


鹿やイノシシに関係する仕事まで見つけてきたよ。

(猟をするのに役立つ仕事)


やる気と情熱でなんとかなるもんやね(´◡`๑)

ちょっとキャンプのはなし?

写真の載せ方がわからないので


練習をしてみます。


とりあえず、キャンプの写真でも貼ってみる。




こんな感じで大丈夫なのかな?


これは、キャンプはじめたての頃。


2017年3月の半ば。


はじめてのパップテント、下があいてるけん寒かった(´._.`)



ご飯はただ肉を焼いただけー


まだまだキャンプの良さがわからない時期。


猟師とは関係なくてごめんなさい。